無料ブログはココログ

2006年2月 6日 (月)

ウッドデッキ

阿伊です。

たぶん、ここ十年位のことだと思いますが、ウッドデッキを希望する方が大変多くなってきました。もちろんそれ以前もありましたが 今ほど多くはなかったような気がします。今は材料の木材もいろんな種類が沢山あり、しかもその殆どが防腐剤の注入済で 仕上げの塗装が不要になっています。私なども聞いたこともないような材木が ホームセンターに所狭しと並び、どれを使っていいのか見当もつきません。

さらに、イペやウリンといった非常に硬くて重い木(比重が1前後)も出回っているようです。それぞれ特徴があり、甲乙はつけがたいと思いますが、まず、ウッドデッキそのものの寿命がおおよそ 5年前後と思って考えたらどうでしょう。えっそんなに短いのと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、もちろん環境や条件で大きな差はあります。私自身三年で作り変えたことが事実あります。つまり、その程度しか耐久性はないと思えば、業者に依頼して高いお金を払って作ってもらうよりは 扱いやすい(軽い)木で日曜大工で作った方がよほどいいような気がします。決して難しいものではありませんし、第一安上がりです。

ウッドデッキというと、アメリカののどかな田園風景を思い起こしますが、むしろ日本的に考えると縁側の延長みたいな使い方を考えに入れると ぐっと利用価値が高くなります。

ウッドデッキというと必ずをと言っていいほど手すりで囲っています。特別な条件でもない限り 手すりはない方がグッと使い勝手がよくなるのではと思います。

2006年2月 3日 (金)

オーソドックス

阿伊です。

昨年の暮れインターネットである方からお問い合わせがありました。古くからたくさんの家並みがつづく敷地で間口が七メートルちょっと、道路境界との間もあまりなく さて、門廻りをどうしたものかというご相談でした。

施主もエクステリア関係のカタログ等たくさんお持ちで 色々ご勉強されてるご様子でした。その中で一番関心を持たれていたのが 最近よく使われるようになった機能門柱と呼ばれる ポスト、表札、インターホンといったものをひとつにまとめたシステムです。これを何とか使えないだろうかというのが 一番のご希望の様でした。たしかに見た目もよく 一箇所にまとまり 合理的に見えますが 配置図をお借りして このシステムを配置しても どうにも使い勝手が悪く、いまいちパッとしません。そこで、ごくオーソドックスで シンプルなプランを作って差し上げたところ、内心ガッカリされたようでしたが ご説明を差し上げたところ ご納得いただき採用していただいたようです。

先日、近くまで行ったついでに 現場を見せていただきましたところ 私のプランどおりに出来上がっていました。ご理解を頂うれしく思いました。

エクステリア業界も新しい製品が次々に開発されて 便利なものが沢山出てきています。しかし 開発意図と使い方をきちんと理解した上で採用されるのがベストかと思います。

2006年2月 2日 (木)

いけがき

阿伊です。

以前、フェンスの件で少しだけ生垣のことについて触れましたが、今回はもう少し、詳しく記してみましょう。「エクステリア資料館」からの抜粋です。

いけがき
外垣
または囲い垣
敷地境界に沿って樹木を植えること。境界線を明示するためや 防犯目的もある。
又、照葉樹を植えることによって防炎効果もあるとされる。

古くには害獣の侵入阻止の為、トゲのある木が多く使われたとも謂われています。
今でも、家内安全を祈願して門脇にヒイラギを植えるのはその名残だと思われます。

  • 生垣によく用いられる樹木
    • 針葉樹・・・イチイ、カヤ、カイヅカイブキ、ラカンマキ、シノブヒバ、サワラ、スギ、ヒノキ  低木⇒キャラボク、ビャクシン、アスナロ
    • 常緑広葉樹・・・アラカシ、シラカシ、イヌツゲ、カナメモチ、キンモクセイ、ギンモクセイ、サカキ、サザンカ、サンゴジュ、ツゲ、ツバキ、ツゲ、ネズミモチ、ヒイラギ、ヒイラギモクセイ、ヒサカキ、ピラカンサ、マサキ、モチ  低木⇒イヌツゲ、ウバメガシ、クサツゲ、サツキ、シナナンテン、ジンチョウゲ、チャ、ツツジ、トベラ、ナワシログミ、ハクチョウゲ、ヒイラギナンテン、ヒサカキ、
    • 落葉広葉樹・・・イロハモミジ、ウコギ、イボタ、カラタチ、トウカエデ、ドウダンツツジ、ムクゲ、

2006年2月 1日 (水)

くちなし

阿伊です。

キャサリーン・ヘップバーンとロッサノ・ブラッティ主演の名画「旅情」。ベニスの運河にかかる橋の上でくちなしを取り出し話し合うジェーン(C.ヘップバーン)とレナート(R.・ブラッティ)。うっかり水の上に取り落としてしまった花をレナートは追いかけ拾おうとするが、だめだった。

有名な駅での別れのシーン。動き出した列車の窓から身を乗り出すジェーンに 必死で追いかけるレナート。その手にはプレゼントと共に 一輪のくちなしの花。しかし、手渡すことはできずに列車は走り去る。

なんだかくちなしの花が二人の別れを象徴しているみたいですが、夏に白い花をつけ、いい香りを放ちます。今の時期は赤い実がなっています。

2006年1月29日 (日)

フェンス

阿伊です。

フェンス

自分の領地をはっきり主張する道具。時代を少しさかのぼると 外敵よりの防衛目的、更にさかのぼると 獣の侵入を防ぐということで 棘のある樹木が使われた。

今でも、門脇にヒイラギを植えると魔よけになるといわれるのはその名残かも・・・

2006年1月28日 (土)

フェンス

阿伊です。

フェンス>>>ここからここまでは 私のものですよ・・・・と主張する道具。

2006年1月27日 (金)

不要なもの 門扉

阿伊です。

外構工事の仕事に従事していていつも思っていたのが、なぜ門扉をつけるのかという事。私自身はずっとマンション住まいなので 使ったことはないが、出入りのたびに開け閉めして面倒で仕方がないのでは・・・・。防犯上は無意味で いわば庭のアクセサリーか オブジェかな・・・・と思っています。

2006年1月26日 (木)

不要なもの サンルーム

阿伊です。

不要なもの、サンルーム 夏暑く冬寒い。

2006年1月25日 (水)

不要なもの 責任

阿伊です。

前々回、不要なものについて書きましたが、じゃーそれらのものを不要にさせたのは誰かというというと、それらの品物の説明を使い方や機能性以外にどれくらい説明できたかという業者側にも責任の一端はあるのではないかと・・・・・・????

なんだか しかられそうな雰囲気ですね。

         mailto@archi-tex.net

   http://www.archi-tex.net/

2006年1月24日 (火)

ムッとしたこと

阿伊です。

今回、外構工事や造園工事とは無関係の話です。

国道をバイクで帰宅途中 信号で止まっていると、後ろから救急車が来ました。当然のことながら私を含めて皆通れるように道を開けます。ところが後ろの方で救急車が止まってしまいました。振り返ると一台だけ動かずにいます。運転をしている人は携帯電話で話しながらゲラゲラ笑っています。しかも、ルームミラーで自分の顔を見ながら・・・・

より以前の記事一覧