無料ブログはココログ

トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

木瓜

阿伊です。

ボケ。早春から冬にかけて赤や白の花をつけるバラ科の落葉低木です。小さくとも きりりとした存在感のある花で しっかりと自分を主張している様で私は好きです。

中国産 日本産のほかに園芸種もたくさんあり小さいのでもあまり場所をとらないため庭木としてはお薦めです。

0511150740 ピンクの木瓜。

Sbro0505010017_1

絞り乙女。

2006年1月30日 (月)

わびすけ

阿伊です。

戦国時代の茶人千利休に愛好されたという「侘助(ワビスケ)椿」。ツバキ科の中でも早い時期(一月ころから)に花をつけます。花は小さく はっきりと開きません。子房には毛が生えていて、種子ができません。

が、なんと言ってもその名前、ワビスケと言う響きが好きです。豊臣秀吉の朝鮮出兵のときに、何とか侘助という人が朝鮮半島から持ち帰ったというのがその名前の由来らしいのですが。

0601250420 ワビスケの仲間で数奇屋と呼ばれています。今年の1月25日の写真です。

2006年1月29日 (日)

フェンス

阿伊です。

フェンス

自分の領地をはっきり主張する道具。時代を少しさかのぼると 外敵よりの防衛目的、更にさかのぼると 獣の侵入を防ぐということで 棘のある樹木が使われた。

今でも、門脇にヒイラギを植えると魔よけになるといわれるのはその名残かも・・・

2006年1月28日 (土)

フェンス

阿伊です。

フェンス>>>ここからここまでは 私のものですよ・・・・と主張する道具。

2006年1月27日 (金)

不要なもの 門扉

阿伊です。

外構工事の仕事に従事していていつも思っていたのが、なぜ門扉をつけるのかという事。私自身はずっとマンション住まいなので 使ったことはないが、出入りのたびに開け閉めして面倒で仕方がないのでは・・・・。防犯上は無意味で いわば庭のアクセサリーか オブジェかな・・・・と思っています。

2006年1月26日 (木)

不要なもの サンルーム

阿伊です。

不要なもの、サンルーム 夏暑く冬寒い。

2006年1月25日 (水)

不要なもの 責任

阿伊です。

前々回、不要なものについて書きましたが、じゃーそれらのものを不要にさせたのは誰かというというと、それらの品物の説明を使い方や機能性以外にどれくらい説明できたかという業者側にも責任の一端はあるのではないかと・・・・・・????

なんだか しかられそうな雰囲気ですね。

         mailto@archi-tex.net

   http://www.archi-tex.net/

2006年1月24日 (火)

ムッとしたこと

阿伊です。

今回、外構工事や造園工事とは無関係の話です。

国道をバイクで帰宅途中 信号で止まっていると、後ろから救急車が来ました。当然のことながら私を含めて皆通れるように道を開けます。ところが後ろの方で救急車が止まってしまいました。振り返ると一台だけ動かずにいます。運転をしている人は携帯電話で話しながらゲラゲラ笑っています。しかも、ルームミラーで自分の顔を見ながら・・・・

2006年1月23日 (月)

作品集

阿伊です。

ホームページ本体に私の作品集として過去事例を掲載しました。

TOPページからアルバムへ進んでください。

   http://www.archi-tex.net/

mailto@archi-tex.net

2006年1月22日 (日)

不要なもの チェーンポール

阿伊です。

前回 不要なものという事で、チェーンポールのことを書きましたが、なぜ不要なのかということは 不要にしている、つまり使用者の怠慢です。車庫に使うアコーデオン門扉やオーバードアーは、車の出し入れの後、比較的きちんと閉めますがチェーンポールだけは いつも地中に埋め込まれたままです。一つには存在感の薄さ、それにいささか使い勝手が悪いからではないかと思われます。

「それは本当に必要ですか?」と施主のリクエストいつも問いかける筆頭はバーベキューの炉です。レンガ造りで庭のオブジェとしても充分使えます。特に新築される方には ずっと思い描いていた夢の一つではないでしょうか。私も何度か作りましたが そのうちの二箇所は施主の依頼で数年後に解体したことがあります。理由を伺うと 邪魔だということでした。

そもそも設置する時に於いてもどこに配置するかでずいぶん議論しました。バーベキューはめったにやらないから 端っこがいい いやもっとこっちがいいと すったもんだの挙句、テラスの端に場所が決まりました。

でその後、バーベキューをしたのは一度だけだそうです。あとの利用方法は時々ゴミを燃やすのに使うそうです。私が不要に思うもの第一位です。

2006年1月20日 (金)

不要なもの

阿伊です。

チェーンポールというものがあります。ひねって地中に埋没させたり 抜き差し型で使うなどいくつかの種類があります。個人住宅の駐車場でも、スペースや金銭的な使い勝手の良さからよく使われます。

さて、実際に設置された後での活用状況はどうかというと 大半の方は、埋没させたまま地上に出すことは殆どないというのが実情のようです。本来の設置理由であるところの第三者の侵入を抑制するという役目には対応していません。取り付けた意味がなくなっています。このことはただ単に使っている方が怠慢だということで結論付けてはいけないような気がします。

業者側からすると施主の希望であればなんでもOKならば それは業者の金銭的利益につながります。しかし 施主にはあまり利益になっているとは思えません。

業者の利益が施主の利益につながるような共同作業をすることが大事です。そのことは将来の利益にもつながります。

又、チェーンポールを作ったメーカーさんにも申し訳ありません。

mailto@archi-tex.net

   http://www.archi-tex.net/

2006年1月18日 (水)

なまけもの?

阿伊です。

ホームページ本体の更新もナカナカ進みません。皆さんにお見せする資料も沢山ありますが、生来の怠け者なのか 一向にUPできないでいます。みなさんごめんなさい。

mailto@archi-tex.net

   http://www.archi-tex.net/

天気

阿伊です。

先週末は雨がふり、翌日は暖かく、三月中旬のお天気と いつもの寒さがうその様で・・・・そして又今日は、どんよりと曇り空、気温も低く以前の寒さがもどってきました。窓の外に風はありません。目の前に見える「エノキ」の枝の先の実がかすかに揺れる程度です。

ここ数日、仕事が忙しく写真を撮りにいく事が出来ません。クリスマスローズがきがかりです。

2006年1月17日 (火)

私の仕事

阿伊です。

ここで少し私の仕事を説明します。

エクステリア・外構造園工事の全般についてのご相談を承っています。勿論仕事ですので若干のコンサルタントフィーはいただきます。

外構工事とは何か?から企画、予算組みといったことまで全般に渡ってご相談をお受けしています。

2006年1月16日 (月)

DIY

阿伊です。

庭のことについて、沢山の方からご相談をいただいたときに、庭いじりはお好きですか?とお尋ねする時があります。もしお好きな方なら 色々なことに挑戦して頂く意味でも いっそのこと、ご自分で工事をやられたらどうですかと薦めてみます。素人では、どうしても困難なこと、例えば、掘削・残土処理など業者に頼まざるを得ない内容を除き極力挑戦してみるのもいいでしょう。

面白いことに方法やコツをお教えしますと、実に楽しそうに、まるで子供みたいに目キラキラされる方がいます。そうすると 話してる自分も楽しくなって俄然、話に熱が入ってしまいますね。

mailto@archi-tex.net

   http://www.archi-tex.net/

2006年1月14日 (土)

みかん

阿伊です。

「幸せの黄色いハンカチ」という映画がありました。いろんな占い師や風水の方たちも 黄色は幸せの色だといいます。あまりそういったことに興味はありませんが黄色いというだけで楽しくなることがあります。

私は夏みかんが大好きです。食べることではありません。見るのが大好きです。たわわに実った大きな黄色いみかんを見ているだけで 楽しくなってきます。夏みかんだけではありません。今の時期キンカンやユズもたわわです。

先日、ミカンやユズ・キンカンを生垣のように塀際に植えたお宅を見つけました。どう表現したらよいのかわかりませんが、・・・・・よかったです。

十月さくら

阿伊です 

歩く足をとめ いつも写真を撮らせていただいているお宅に何気なく目をやると10月桜がさいています。この桜にあまり知識のない私は 一月になってもまだ咲いているんだナ、と単純に思ってしまいます。

でも、何か変です。いつも花や、木の手入れをしているおばあさんの姿が見えません。色々写真を撮らせてもらう時 「これどう!クリスマスローズだよ」「あれ大王松、りっぱでしょ。でも、最近誰もみてくれないね」などと ついつい話し込んでいました。中でも白いヤマブキが咲いたときは その小さな花の生い立ちを ずっとうれしそうに話してくださいました。その姿が見えません。雨戸もしまったままで 庭も少し荒れているようです。クリスマスローズも枯れています。所々に枯葉も積もっています。

お元気だといいのですが・・・

2006年1月13日 (金)

おもいやり

阿伊です。

最寄の駅前にある銀行が外壁のリニューアル工事をするらしく、足場を架け始めました。表通りの歩道に面しているため、足場は歩道の上に立っています。ところが 歩道の真ん中には 視覚障害者のための点字ブロックが並べられていています。そのまま点字ブロックの上を歩くと足場に肩が触れて危険です。そこで、今ある点字ブロックを覆い隠して、新しく仮設のものを敷き並べるのだそうです。

銀行の大きなビルがきれいになると 町並みも明るくきれいになります。そして、そのためには目の不自由な方にも決して迷惑をかけない 安心して歩くことが出来る街づくり。とても大事なことだとおもいます。工事をしてらっしゃる方の気配り、心配りに 感謝します。

mailto@archi-tex.net

   http://www.archi-tex.net/

2006年1月 9日 (月)

見積書について その二

阿伊です

前回の続きです。

施主には読み方から意味まで、聞かれることがあります。その項目に少なからぬ金額がついているわけですから、当然といえば当然でしょうね。

先に書いたように、単価についても同じことが言えるのかなとも 思うことがあります。がしかし一方では、例えば魚屋さんで マグロとイワシの値段がどうして違うかというと 我々素人には おおよそ見当はついても 正直わからないのではないでしょうか。魚屋さんでもひょっとしたら 答えられないかも・・・・!!返ってくる言葉が{相場だよ」だったりして

外構工事の単価も、例えばブロック積みが一平方メートル当たりいくら、タイルはいくらですよというのは相場としてあります。

ただし、イワシや、大根の値段みたいに いつも接っすることのない金額ですから はたしてどうなのかの判断はきっと難しいことでしょう。

mailto@archi-tex.net

   http://www.archi-tex.net/

2006年1月 8日 (日)

見積書について

エクステリア全般について色々な方から 色々なご相談をいただきますが、やはり一番多いのは 業者からの見積金額の内容についてが大半を占めます。特に住宅を新築するときにはよほどのことがない限り何らかの工事は避けられません。大抵の方は一生に一度の高額な買い物ですから、少しでも安く、そして、より良いものをご希望されます。当たり前のことですね。数十万、数百万円のお金が必要ですから 真剣にならざるを得ません。

そこで、施主の立場としてはいくつかの業者から見積もりを取ることになります。しかし殆どの方は 門扉やフェンスといった定価のついた既製品については違いがわかるものの その他については皆目見当がつかない。つまるところ、総額で判断するしかないというのが実情です。更に又、業者によって見積もりの仕方や表記の仕方が違うと言うこともあります。

業者側とすれば、施主に出来るだけわかりやすく説明出来る表記方法が必要だと、内心思っていても、未だにやれ「水盛遣方」だの「根伐」など、古色蒼然とした単語を使っています。ちなみの先の読みは「みずもりやりかた」後を「ねぎり」とよみます。

                    <この項つづく>

mailto@archi-tex.net

   http://www.archi-tex.net/

                   

2006年1月 6日 (金)

寒い 2

阿伊です。

新潟や秋田では積雪が4mとか!!!

四メートルの積雪は 一平方メートル当たり二トンの重さだとテレビでは解説していました。いまさらながら自然の猛威の巨大さに驚きます。

「かいどう(海棠)の眠りいまだ覚めず」 唐の玄宗皇帝が 美酒に酔って寝てしまった楊貴妃をたとえた花、かいどうは美人を形容する花となりました。バラ科の美しいこの花が咲き始めるのは春 四月ころです。

雪に苦しめられてる人たちに早く春が来ることを願っています。

寒い

阿伊です。

寒い日が続きます。北陸や東北では大雪とか・・・  雪の苦労を殆ど知らない自分には余りあるところですが、いつも移動にバイクを使っているとこの寒さ、いささか身に応えます。

小雪のちらつく高速道路を走ると寒気が顔に針のようにつきささります。寒いや冷たいではなく 「痛い」です。

そんな中、インターネット通じてご相談を受けたかたの依頼で現場調査を兼ねてお話を伺ってきました。

自分が現在、現役を引退した身という事からか、相談の内容は、金銭的な面が殆どです。それも総じて、外構工事とはこんなにお金のかかるものなのか・・・ たかだか車庫のコンクリートを打つのに どうしてこんなに金がかかるんだ・・・といった内容です。

外構工事の金額は、仕様や規模は勿論ですが、立地条件、例えば 現場に通じる道路が狭いという事だけでも単価が三割り増し、五割り増しになることがあります。詳細は長くなるので省きますが、その事は施工業者としても遺憾ともしがたいものです。

mailto@archi-tex.net

http://www.archi-tex.net/

2006年1月 4日 (水)

縁起のいい正月

阿伊です。

明けましておめでとうございます。

2006年正月にこのブログを立ち上げました。いささか縁起を担ぎました。縁起がいいというとその言葉の響きから珍重されるのが、千両や万両という名前の低木たちです。

特に私はセンリョウ

両が好きです。庭の片隅に あまり日に当たることもなく 赤い実をその葉でしっかりと支えているさまは けなげでさえあるように思えます。千両という名前は あまり似合わないような気もするのは私だけでしょうか。

mailto@archi-tex.net

   http://www.archi-tex.net/

トップページ | 2006年2月 »